×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

伊豆の古道探訪

TOPへ
三島の絵図
三島から北への古道
鎧坂から幸原への古道
三島市大宮町に残る古道
三嶋大社から東の古道
相互リンク
三島から西へを探る
三島の行政境と境川
三島から南の古道
大日本沿海輿地全図
東海道絵図沼津三島
神津島と海の道
縄文海進と現代の三島
Site map
三島から北への古道

三島幸原より裾野伊豆島田に至る古道

 三島市民でも、昭和後期から平成生まれの若い方は銀杏並木で有名な通称・日大通り(三島裾野
線・県道21号線)が昔の甲州街道に繋がる街道と思われている人が多いと思われますが、昔からの
古道は現代の三島市幸原の三叉路を西に入り耳石神社と遠成寺の間を抜けて下記図面赤線の通
り、現在のエスポット裾野店東に抜ける道でした。

 現在は多少道路幅は拡張舗装され車の往来も可能ですが手狭感は否めません。古道という風情
は薄くなりましたが、沿道には、かろうじて江戸時代の石仏や墓などが散見されます。

 私は、主に伊豆方面の方々が「嘗ては富士登山をするもの必ずこの神社に詣でるを常とした」とさ
れる三島の二宮浅間神社(三島市芝本町6番3号)から裾野の須山浅間神社に至る古道を三島市と
裾野市は協力して調査し地元の歴史を後世に伝えて行くべきと提言いたします。



【耳石神社みみいしじんじゃ】
鳥居をくぐり参道を本殿に向かって進むと、行く手を阻むよ
うな大木があります。これが神社の御神木・シイの巨木で、
和名はスダジイ(イタジイ)、根周り6m、樹高15m、樹齢330
年、三島市指定文化財で、天然記念物となっています。

 祭神は国狭槌尊(くにのさつちのみこと)。昔から耳の病
を治す霊験あらたかな神社として伝えられています。 社殿
前に、しめなわのかかった高さ1.2m、周囲2mくらいの耳に
似た石があり、耳石は三島七石の1つでもあります。
耳に病気のある人が耳石神社に参詣し、次いでこの石に
祈り、全快したときには小石に穴を開け、糸に吊るして奉
納する慣わしがあります。
現在、社殿の右の小さなやしろに、石がたくさん吊り下げら
れています。
【遠成寺おんじょうじ】

日蓮宗・身延山第27世通心院日境上人が、寛永10年
(1633)5月伊豆に巡教のとき、境川のほとり(現、幸原町2
丁目)にの法華堂を建て、「釈迦牟尼如来(しゃかむににょ
らい)のおられるところであり、真心をもって合掌し、信心に
励めば幸せが得られる」とし、寺名を大幸山遠成寺(だいこ
うざんおんじょうじ)としました。

 寺には伊豆長八(いずのちょうはち)(入江長八)作と伝わ
る鏝(こて)絵「天人図」1対が残されています。

TOPへ
三島の絵図
三島から北への古道
鎧坂から幸原への古道
三島市大宮町に残る古道
三嶋大社から東の古道
相互リンク
三島から西へを探る
三島の行政境と境川
三島から南の古道
大日本沿海輿地全図
東海道絵図沼津三島
神津島と海の道
縄文海進と現代の三島
Site map

戻る
戻る


伊豆の古道探訪