×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

伊豆の古道探訪

TOPへ
三島の絵図
三島から北への古道
鎧坂から幸原への古道
三島市大宮町に残る古道
三嶋大社から東の古道
相互リンク
三島から西へを探る
三島の行政境と境川
三島から南の古道
大日本沿海輿地全図
東海道絵図沼津三島
神津島と海の道
縄文海進と現代の三島
Site map
三島から南の古道を探る

中島・梅名・多呂・安久・間宮付近の新旧地図を比較し古道を探る

右上の多呂と大場の村境の点線が気になるところです。右
の古図の道跡なのかどうか? いずれにしても、大場川西岸
(東側)は洪水など頻繁に起こり村落として発展し得ない空間
だったことが偲ばれます。
三嶋宿から南への古道を考える上で、一番ネックとなるの
は、大場川の渡河であり、右の古図は大場橋の存在と、そ
の橋から東側に連なる古道沿いの民家の存在、中島・梅名
川沿いの田畑の存在が読み取れます。中島の民家と梅名
川右岸(西側)の民家の様子も興味をひくところです。
【注】現代地図と古地図と比較して古い道を赤線で表示。

1.  左上に右内神社と左内神社が在りますが、左内神社は
下田街道を三嶋大社から歩いて左側(駿豆水道中島浄水
場)にあった神社を現在地へ遷したもので、下田街道の位置
を特定させるに矛盾はありません。
2. :現在、大場川の両岸はコンクリート堤防で高くされ上り下
りの坂となり、鉄筋コンクリートの大場橋が架けられていま
す。
3. 梅名川は堤防がさほど嵩上げされておらず、鉄筋コンク
リートの梅名橋が架けられています。梅名は不思議な道の
ゾーンで、複雑に細道が形成されています。
【注】古地図を90度左回転させ上を北にしました。

1. 大場川に二本橋が架かっていますが北側の橋
  は流されたようで、江戸中期の洪水で大場川左
  岸(東側)の多呂村が箱根山に移転し絵図に描
  かれていません。
2. 梅名川に梅名橋が既に架かっています。
3. 右下隅に向かう道は函南町役場へ向かう道と
  思われ古地図全体をもう少し左に傾ける必要 
  がありそうです。

TOPへ
三島の絵図
三島から北への古道
鎧坂から幸原への古道
三島市大宮町に残る古道
三嶋大社から東の古道
相互リンク
三島から西へを探る
三島の行政境と境川
三島から南の古道
大日本沿海輿地全図
東海道絵図沼津三島
神津島と海の道
縄文海進と現代の三島
Site map

戻る
戻る


伊豆の古道探訪